HOME › 内定者の声を届けよう!就活応援SNS

内定者の声を届けよう!就活応援SNS

昨今の採用現場は、学生優位の売り手市場になっています。
各企業はその対策として、インターンシップ等から早期に採用活動を開始することで優秀な学生を見極め選考につなげるようになりました。
一方、就活生は、採用活動の早期化により、自己分析や業界企業研究・企業選びする時間が年々少なくなり動機形成や企業理解が不十分なまま内定をもらい入社した結果、ミスマッチにより離職してしまう問題もでてきてます。
最近では、入社したての若手社員より就活生に近い、内定者の声をまとめてホームページに掲載している企業もよく見受けられます。
就活生により近い内定者の声は、とても影響力のある情報だといえるからです。
就職活動を突破してきた先輩たちの生の声を知ることで、会社への興味を深めることができます。
Chaku2NEXTならクローズドSNSで、プライバシーも保護しながら内定者の声を就活生に発信できます。さらに、プッシュ通知で効果的に就活生に情報を発信することが可能です。
また内定者も、自分の就活を振り返ることで、内定ブルー解消や入社後の早期離職防止につながります。
今回は、Chaku2NEXTを使って内定者の声を就活生に届ける、就活応援SNSの活用事例を2つご紹介します。

リアルな内定者の声が聞きたい!

活用事例1

就活応援SNSの活用事例アンケートを使って内定者の声を聞き出そう

1内定者アンケートを実施します。
就活生が知りたい情報は何かをリサーチし、アンケートを実施します。
また、アンケートのサンプルもご用意しておりますので、ぜひご活用ください。
point

内定ブルー解消にもつながる!内定者も自分の就活を振り返り、アウトプットすることで自社に入ることを実感し、内定ブルー解消につながります。

2採用担当者はアンケート集計結果をまとめます。
内定者が答えてくれたアンケートを集計結果をもとに、就活生に向けたコンテンツを作成します。
3集計結果を就活生に向けてSNSを発信します。
一度に全ての結果をお知らせするより、テーマごとに分け配信するのがおすすめです。

活用事例2

就活応援SNSの活用事例SNSを使って内定者の声を聞き出そう

1採用担当者が就活生の知りたい情報を質問形式でSNSで画像投稿
あらかじめ選抜した内定者に、就活応援SNSのグループに入ってもらい、採用担当者は質問形式でSNSに画像を投稿します。
SNSで画像投稿
2内定者にコメントを返してもらいます。
内定者も自分の就活を振り返り、アウトプットすることで自社に入ることを実感し、内定ブルー解消につながります。
また、クローズドSNSなので、安心して投稿していただけます。
※積極的に投稿してくれた内定者に対して、インセンティブ与えることをおすすめします。
※内定者の投稿内容で質問内容と回答がマッチしないもの、企業ブランドを損なう恐れのあるもの、プライバシーを侵害する恐れのあるものは非公開または削除ができます。
SNSで画像投稿
3リアルな内定者の声を見ることができ、会社への関心度UP
採用担当者と内定者のSNSのやりとりを就活生に見てもらうことができます。就活生はリアルな内定者の声やプロフィールを見ることで、会社への関心度が高まります。
採用担当者は、内定者の回答を集計する必要もないので、業務の軽減につながります。
SNSで画像投稿
point

気になる内定者のプロフィールもチェック就活生は内定者のプロフィールを見ることができます。共通点のある内定者を見つけることで、さらに会社への関心度が高まります。

まずは、資料をダウンロード